顔の汗を止める方法と原因について

人より多く汗をかいてしまうと悩んでいる方はいませんでしょうか。

 

緊張した時や焦った時など、人前に立つ時には誰でも汗をかきやすい状態になります。そんな時にどうしても隠すことができない部分は顔です。

 

特に女性は化粧崩れも心配になりますし、男性でもできる事なら涼しい顔をしていたいものです。

 

そこで、顔の汗を止めるためにどんな方法があるのか紹介したいと思います。

 

 

 

 

・ 汗をかきやすい人とは?

 

 

 

そもそも汗をかきやすい人、かきにくい人の違いはどこにあるのでしょうか。

 

代謝が良い人は汗をかきやすいと言われることから汗をかく事自体は健康的だと言えます。

 

汗は体の温度を一定に保つために温度調節をする役割があり、平熱を保つことや高熱が出た時には汗をたくさん出して熱を下げてくれるなどの働きがあります。

 

 

 

ただ汗の質にも良いものと悪いものがあり、顔にばかり汗をかいてしまう場合には気をつけて経過を見るようにしてください。

 

暑い時や辛いものなどの刺激物を食べた時、緊張した時の汗は誰でも起こる生理現象です。それらとは異なる汗をかく場合には注意が必要です。

 

 

 

顔からの汗が増える原因としては運動不足が挙げられます。

 

体が冷え、他の筋肉がきちんと機能しないために表情など動きの多い顔から出てしまうという場合があるようです。

 

その他にもベタつきや臭いが気になる場合には何かしらの体のトラブルによるものかもしれません。

 

常に顔が汗で湿ることや緊張しただけでしたたり落ちるほどの量の場合は顔面多汗症という病気の可能性もあります。

 

 

 

 

 

 

 

・ 汗を止めるには?

 

 

 

肥満であること、自律神経が崩れていること、ストレスを抱えている時に浮かんでくる汗は一時的なものであると言えるでしょう。

 

汗は気にしてしまうと余計に溢れ出てきてしまうものですので、人前に立つ時には深呼吸などで心を落ち着かせてみてください。

 

食生活を始めとする生活習慣を見直すことも改善策になりますので生活リズムを整えることも大切です。

 

 

 

汗を抑える化粧品などの使用も効果が期待できますが、いざという時にすぐ実践できる方法もいくつかあります。

 

まずは、大きな動脈が出ている血管を冷やすことです。

 

首や脇の下、手首の血管を冷やすと体がクールダウンされ汗も引きやすくなります。

 

 

 

また、手には顔の汗を止めるツボが二つあります。

 

一つ目は、握りこぶしを作った時に小指の下にできる感情線の延長線上にある後けいというツボです。

 

二つ目は手のひらを上に向けた時に小指の下の手首の付け根から1.5センチ下にある陰げきというツボです。

 

それぞれ反対の親指で軽く何度か刺激することで一時的に効果が発揮されます。

 

ケア用品やタオルなどを忘れてしまったというような時にはぜひ試してみてください。