口臭は現代社会のつきもの!あなたは大丈夫ですか?

・外国人は口元で見極める

 

 

 

在日の外国人に日本人の匂いへのイメージを聞いてみると、体臭は気にならないが口臭が気になるという意見が多くあがっているようです。

 

ケア用品も多数ある体臭ではなく、ケアの意識が薄かった口臭で不快な思いをしていることには驚きました。

 

 

 

日本では汗ふきシートやスプレーなどは多く取り揃えられており、体臭を抑えるために欠かせないアイテムとなっています。

 

目にする機会やケアの用品が増えてくると自分が気づいていないだけなのかもしれないという思いから、汗の処理に関して高い意識が芽生えます。

 

もちろん体臭のケアも大切なのですが、目にする機会が少ないだけで口臭チェックの機会などは現在様々な種類が生み出されているようです。

 

 

 

特にビジネスではグローバル化が進んでいますので、海外の企業との商談の際には特に口元のケアを気にかけるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

・ 口臭は生活習慣も原因になります

 

 

 

口臭が気になる人はどのような人だと思いますか。

 

多くの人が年配の男性を想像したかと思うのですが、実は若い女性の口臭が気になるという意見も増えてきています。

 

見た目の綺麗なイメージからは想像できなかったからこそ驚きも強くなってしまうようです。

 

 

 

室内でパソコンの画面と向き合うデスクワークが増え、時間に追われるように過ごす現代は自律神経が乱れてしまう人が増えてきました。

 

あまり太陽光を浴びずに不規則な生活を続けている中で、気付いたらどれだけ睡眠をとっても眠いことや目や口の渇きが気になるなどの症状が現れます。

 

少しずつ進行するため疲れが溜まっているだけと思いこみがちですが、そういった症状は休息を必要としている体からのサインです。

 

それでも頑張って休まない方も増えてきているため、年齢に関係なく若い方でも健康や体のケアについてきちんと考えなければいけないようです。

 

 

 

もしも、口臭が気になってきた時には唾液を出すために食事の時にしっかり噛むことや少量の水をこまめに飲んで口を乾燥させないようにしてみましょう。

 

精神面や体質の変化が影響する一時的な口臭もありますので、ある程度様子を見た結果気になるようなら歯医者さんへ相談してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

・ 清潔な口元は海外ではステータスとなる

 

 

例えばアメリカでは日本よりも口元の美しさに重点を置いています。

 

思い返せば外国人で歯が欠けている人や八重歯の人はあまり印象にありません。

 

白くキレイな歯でいることで一種のステータスのようなものになっており、面接などでも注目されることもあるようです。

 

歯医者に通う理由は日本人が虫歯治療のためだとすると、アメリカでは虫歯にならないための予防として通っているほど歯に対する意識の差は広がっています。

 

 

 

とは言っても、日本でも少しずつキレイな歯でいることの意識は高まってきました。

 

今後グローバル化が進むと同時に、口元への関心も強くなっていくことが予想されます。

 

毎日の歯磨きだけでなく定期的に歯医者さんに通いながらキレイな歯を保つ努力をしていきましょう。