ワキガの対策方法として心がけたいこと

・ アメリカ人はワキガを受け入れている!?

 

 

 

日本人は外国人と比べて体臭は弱いと言われています。

 

中でもワキガの比率に関して日本人は約10%なのに対してアメリカ人は約80%というほどの差があります。

 

 

 

多くの人が悩まされているはずのアメリカではワキガという名前はないそうです。

 

体臭があることを当たり前としているため、臭いのケアをできていない人としての認識になります。

 

実際にワキガの対策としては治療や手術など特別なものはありません。

 

臭いのケアは学生の頃に学校から指導があり、校則として使用を定められている事もあるほどだといいます。

 

 

 

個人が体臭への対策に関して高い意識を持っているため、朝シャワーを浴びてデオドラントを塗るなどのケアが習慣づいています。

 

 

 

 

 

 

 

・ そもそもワキガとは?

 

 

 

ワキガは脇汗をかいた時に拭き取らずに放置した結果、菌が繁殖してしまうことで臭いが出ることを言います。

 

具体的な対策としては強い臭いが出る前にウエットシートなどで拭き取り、しっかりと乾かすことが大切です。

 

殺菌シートなどを使用することも効果的ですが、匂いを抑えてくれる良い菌まで拭き取ってしまいます。

 

ですので、臭いの弱い人が使用すると逆に強くしてしまう原因となる可能性もあるため見極めが必要です。

 

 

 

食事は和食を意識すると体臭を抑えることにつながるそうです。

 

植物性の脂質やキノコなどのアルカリ性食品は積極的に食事に取り入れると良いでしょう。

 

 

 

脇毛の処理や毎日お風呂に入ってしっかり洗って清潔にすることも重要になります。

 

お風呂は浴槽に重曹やミョウバン、酢を少量入れることで臭いを抑える効果が期待できます。

 

それぞれ適量があるため実際に入浴する際にはきちんと量を調べるようにしてください。

 

 

 

 

 

 

 

・ 視野を広げてみることも大切

 

 

 

アメリカ人は寒い時でも半袖一枚で平気な顔をしていることがあり、習慣や体質的に違うことがたくさんあります。

 

 

 

例えばワキガ対策として使用しているデオドラントも異なります。

 

日本の製品は毎日塗ることが必要ですが、アメリカの製品は一度塗ると3,4日臭いを抑える製品が人気を集めています。

 

肌の質によっては使用が望ましくない方もいますので、試しに使用してみる場合にはまずは少量で挑戦することが大切です。

 

その証拠にわざわざ子供用の商品もあるほどです。

 

 

 

国が違うだけで同じ悩みでも対策が変わってしまうようですので、ワキガだということをあまり深く悩みすぎないことも重要です。

 

対策としていくつかの方法を紹介させていただきましたが、すぐに出来るものや自分にとって苦にならないものから始めてみてください。

 

手術は最終手段として考えていても良いのではないでしょうか。